• Language
国立歴史博物館分館・ボヤナ教会、ソフィア市

国立歴史博物館分館・ボヤナ教会、ソフィア市

「聖ニコラ・聖パンテレイモン」ボヤナ教会は、ヴィトシャ山のふもと、ソフィア市のボヤナ地区にあり、現在までそのまま残る中世美術の数少ない遺産です。
教会は、全国100名所のリストやユネスコ世界遺産リストに1979年登録されています。
教会は、それぞれ11世紀、13世紀、19世紀半ばといった、3つの時期にわたり建設されたものです。
教会の東部はアプスが一つと壁の一部となる柱がある十字型の構造となっています。最も古い壁画層は12世紀のものです。13世紀に、当時ソフィアの地方の領主だったカロヤン伯爵(セヴァストクラトル)と夫人デシスラヴァの資金で、後には霊廟に使うために2階建ての部分が増築されました。二人が残した碑文によると、2回目の壁画が施されたのは1259年です。修復工事で名前が明らかになった二人の画家、ヴァシリエとディミタルが旧部分の壁画の上、そして新築の2階建てに壁画を描きました。
ボヤナの教会が世界的に有名になったのは、ブルガリア中世美術の高水準を物語る1259年の壁画のためです。240枚ある絵の一枚一枚は個性が溢れています。資金提供者の伯爵夫妻とコンスタンティン・アセン・ティフ王(在位1257~1277年)と王妃のイリナの肖像は、歴史人物の肖像画でブルガリア最古のものとされています。拝廊では、教会の守護聖者の一人、聖ニコラの生涯場面が18枚描かれており、その中には画家を取り囲む当時の時代の現実が描かれています。聖者像には、ブルガリアの国民的聖者、10世紀にリラ修道院を築いた聖イワン・リルスキーの最古の絵もあります。また、壁に描かれた聖エフレム・シリンの目は、信者を追うかのような錯覚を起こしてしまうところがあります。
教会のお土産店では、絵葉書、本、CD、DVD、お土産、ボヤナ教会などの名所を紹介したパンフレットを販売しています。教会内ではの撮影は禁止されています。


写真 全部
ボヤナ教会 ボヤナ教会 ボヤナ教会 ボヤナ教会 ボヤナ教会
入場時間

開館時間:
11月~3月:9時~17:30時(入場券の販売は17時まで);無休
4月~10月:9時~18時(入場券の販売は17:30時まで);無休
休館日:12月24日、25日;1月1日
団体見学の場合は予約が必要となります。
入場料:大人個人10レヴァ、学生2レヴァ
共通券:
ボヤナ教会、国立歴史博物館:12レヴァ
ボヤナ教会、国立歴史博物館、ゼメン修道院:14レヴァ
10名以上の団体:ひとり8レヴァ
障がい者、7歳未満の子供無料
ブルガリア語案内5レヴァ
英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語案内10レヴァ

連絡先

ボヤナ教会

1-3 Boyansko Ezero St., 1616 Sofia

Tel: +359 2 959 0939,
Tel: +359 2 959 2963

e-mail: [email protected]
Website: www.boyanachurch.org